痛んでまとまらないそんな声をいただいたので

「痛んだ髪の毛をどうにかしたいです。」

「トリートメントをお願いしたいです。」


まず、痛んだ髪の毛にトリートメントって考えますよね?

トリートメントって言うのは補修はできても回復はしません。

なので、トリートメントをして一時的に綺麗に見えても痛んだ箇所が治っているわけではないのです。

トリートメントは、必ずしも髪の毛へいい影響を与えるわけではないのです。

(今度トリートメントについても書いていこうと思います。)


とりあえずトリートメントをしよう!!ってなると闇雲なトリートメントは逆に髪の毛を痛めてしまう場合もあるのです。


「トリートメントしないってなるとじゃあ何をすればいいんだよ〜」って思いますよね。

最初にしなければならないのは、自分の髪の毛の状況を把握し髪の毛がそうなってしまった原因を見つけることが大切なのです。

髪の毛がそうなってしまった原因は多々あります。

何でそうなってしまったのか?

広がり、ダメージ、パサつき、引っ掛かり、、、たくさんの要因はあげればあげるほどあります。

広がりにしても、パサつきにしても原因はたくさんあるわけで、
  • 癖によってパサついたり
  • ダメージでパサついたり
  • 間違ったホームケアでパサついたり
  • 乾かし方が雑でパサついたり
様々な原因があるのですが、それにはしっかりとしたアプローチが必要になってきます。
  • 癖のパサつきは縮毛矯正で
  • ダメージへはカットやトリートメントで
  • 正しいホームケアで
  • 正しい乾かし方で
と、アプローチは全て異なります。

なので原因によって解決策が違いますので、それぞれの正解のアプローチが必要になってきます。

そして、間違ったアプローチはプラスにもマイナスにもならないです。むしろマイナスです。

なので、しっかりと美容師さんと話し合って正解を導き出すのが一番髪の毛が輝きます。



悩みの原因を素人さんが見つけるのは難しいと思います。むしろ、無理です。

プロである美容師さんに相談し、しっかりとしたアプローチができれば少しずつ美しい髪の毛が復活することでしょう。




いつでもご相談にのりますので、お気軽にラインでお問い合わせください。


ご相談やご予約はラインから。