白髪染めと普通のカラーとはいったい??

ご自身で白髪染めしていたら、暗くなってしまった、、、

そんな事件多々あるんではないでしょうか?

そんな謎を少し話させてください。

なぜ白髪染めは暗く染まるのか

ご自身で染めたことがある方はご存知かもれませんが、
明るく染めようとしたら、白髪部分が染まらなかった
しっかりと暗く染めようとしたら、毛先まで暗くなってしまった。
と言う経験をしたことありませんか?


白髪の白い部分に染めようと思うと、濃い染料のカラー剤じゃないと染まらないです。

そして、黒い毛には明るくする作用のある、色が入れれるカラー剤を使います



しかし、今のカラー剤の進化により美容室では白髪染め、

普通のカラー剤とほとんど垣根がなくなっています。

白髪でも明るく染めることは可能になってきています。

しかし、白髪の混ざり具合によりカラー剤の選定が難しくなるので、

その辺は美容師さんに任せた方がいいと思います。

しかし、白髪が目につくところに出てきて気になってしまった場合は

泡タイプのカラー剤ではなく、クリームタイプの物にし

生えてきた部分だけ塗るようにしたら、いいと思います。

しかし、全部塗るのはしんどいと思います。

なので、お顔周りの生え際、そして分け目だけ染めましょう。

それだけで全然違うと思います。


そうすることで、ご自身でのホームカラーで毛先まで暗くなることはないと思います。


一度暗く染めてしまった髪の毛を明るくするのは難しい

そうなんです。一度暗く染めてしまった髪の毛を明るくするのは薬剤を強くしなければなりません。

強い薬剤を使えば使うほど、髪の毛への負担が大きくダメージにつながってしまいます。

髪の毛をきれいに保った方がいいのであまりお勧めしません。

自然と退色を待つのがいいと思いますが、方法はいくらでもあります。

毛先のみにハイライトを入れる方法です。

そうすると、髪の毛全体へのダメージが少なくなります。

しかし、薬剤選定が難しいので美容室にて要相談です。


意外にも白髪染めにも少なからずテクニックが必要なのです。

カラーは毎回全体に染めなくてもいいと思いますし、

白髪染めなら尚のこと、リタッチ(根元のみ)を間に挟むといいと思います。


濃く染めた髪の毛が退色しだんだん明るくなるのでいい感じにグラデーションしていくと思います。


暗く染め過ぎると

暗い印象に見えてしまう場合があるので、暗く深く染めすぎるのも疲れて見える原因の一つだと思います。

なので、美容室でしっかりと相談にのってもらいアドバイスを受けてみてください。




しっかり染めないと白髪が染まらないと勘違いしていませんか?

あなたのなりたい綺麗のお手伝いをさせてください。

諦めるのはまだ早いです。一緒に綺麗を作っていきましょう。

一度ご相談くださいませ。




髪の毛のご質問やご相談、ご予約はこちらまで



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です