【岡山 髪質改善 縮毛矯正】前髪につむじがある方必見

施術例
こんにちは。
岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。
自己紹介はこちらからどうぞ。

縮毛矯正のこだわり

【くせ毛で悩んでいる全ての方へ】毎朝何十分もヘアアイロンをするのをやめませんか?


僕のこだわりの縮毛矯正は朝起きたままの状態で出かけられます。

適切な方法で施術すれば、髪の毛は柔らかくなり、乾かした状態でも自然なまとまりになります。

雨の日でも結ばなくてもいいので、湿気で広がるストレスから解放され、コテで巻いたり、ストレートでワンカールなどアレンジも様々にできますので、日々に合わせてスタイリングを変えて楽しめます。

毎朝アイロンすることで髪の毛のダメージは溜まっていってしまいます。
「硬くなる」・「シュッと真っ直ぐになる」そんな縮毛矯正のイメージを変える技術を僕はご提案します。

縮毛矯正のイメージは悪いイメージが多いですが、硬い・シュッと真っ直ぐになりすぎると言った要素を失くし、髪の毛がしなやかに丸いままに縮毛矯正ができます。

まるで髪質が変わったかなような、髪質改善されたような自然なストレートになります。

ストレートパーマも縮毛矯正もやっている事はほぼほぼ変わりません。

アイロンを使うか使わないかなのです。

僕はアイロンの有無は技術の選択の一つにしか思いません。

お客様の髪と理想とするデザインに必要か必要でないかです。その選択の上で柔らかく、そして自然なストレートになるように心掛けて施術しております。

縮毛矯正もストレートもデザインに向けた一つの選択です。

時間にももちろんこだわり、デザインする事にもこだわります。

髪の毛をいかにダメージをさせることなく伸ばし、どれだけ柔らかくするか。

縮毛矯正の薬剤の種類は沢山あり、それぞれに役割と特徴があります。

その役割と特徴を見誤ると癖が伸びなかったり、無駄にダメージしてしまいます。

お客様の悩みを聞き、髪の毛の判断をし、髪型をデザインする。

薬剤設定は目的が違うと仕上がりが全く別物です。

経験から基づいた、指の感覚で僕は薬剤を一人一人違う選定で、

もちろん、同じ人でも1回目、2回目といつも違った調合です。
繊細な技術だからこそ、やり方ひとつで髪質改善したようなストレートに変心できるのは縮毛矯正だけです。

癖が広がってしまい、まとまらない方には、まとまりやすい髪質に変えます。

髪の毛が硬くて多い方には柔らかい髪質に変えます。

髪の毛にハリやコシが足りないけど、くせは抑えたい方にはくせはほどほどにのばしてボリュームをコントロールします。

縮毛矯正は髪の毛を柔らかくします。

ボリュームをコントロールします。くせをデザインします。くせを伸ばすだけではなく、自分の髪の毛がすきになる。

縮毛矯正で髪の毛が柔らかくなります。

縮毛矯正で髪質改善できます。

前髪が割れる・つむじがある方の縮毛矯正の実例

本日のお客様は、前髪につむじがあり前髪が分かれやすく理想の前髪になりにくいとのご相談でご来店いただきました。

ありがとうございます。

前髪につむじがあると割れやすく分かれやすい方がいらっしゃいますよね?

今回は、そんなお悩みを解決するために前髪の割れを直す方法をご紹介します。
生え癖でパックリ割れているのがお分かりでしょうか?

前髪に生え癖がある方は、朝のスタイリングで前髪を一度濡らしてから左右にふってドライヤーを当てることをしても、前髪は時間が経つと割れていってしまうと思います。

前髪の直し方の例として、改めて。
  1. 前髪全体を濡らす
  2. ドライヤーの風を左右に向けて乾かす
  3. 最後は下に向かって冷風でしめる
  4. 前髪の内側だけスプレーで固める
こんな感じです。

これでも直らなかったり、時間が経つと崩れてしまったり、自転車を使うと風で割れてしまったりと様々な要因があると思います。

割れてしまうとなかなか理想の前髪が作りにくいですよね?

なので今回、そんな前髪のお悩み解消をメインとして施術していきます。
やはり、前髪の割れによる割れと量感の違いが気になります。

前髪を大切にする僕としてはなんとかしてあげたい前髪です。

なので、

今回は前髪に縮毛矯正をかけます。

え?

縮毛矯正するの?

そう思った方がいたら万々歳です。笑

直し方の一つの例として、

今回の背術は、前髪の顔周りの一線の根元をぎりから縮毛矯正してその上から丸みが出て割れにくいように縮毛矯正を重ねていくことにしました。

要は、前髪が割れてしまうところの生え癖を、
周辺の髪の毛の周りの根元を縮毛矯正をして物理的に下に落とし、前髪を完成させる。

そう言った施術を行なっていきます。

縮毛矯正=真っ直ぐにするものだと思っている方がいると思いますが、縮毛矯正はいろいろとできることがあるのです。その一つがこの割れ直しです。

では縮毛矯正をしていきます。

前髪の割れ直しの縮毛矯正をどん!!

こんな感じです。

縮毛矯正をして割れにくくなってませんか?
いかがでしょうか。

前髪の割れが気にならなくなり、前髪の厚みも揃ってませんか?

いい感じになって良かったです。理想の前髪になりましたね。

前髪の生え癖って、毛穴の方向が逆に向いているので、どう頑張ってスタイリングしても分かれてしまうのです。

本当に頑張っても。風が当たると前髪のスタイリングが水の泡となってしまいます。

しかし、前髪のボリュームをわざと減らす(弾力を減らす)ように縮毛矯正をすると、下に落ちるようになります。

髪の毛は軽いですが、少なからず重力を感じているのでその力も利用することで、前髪を物理的に下に下ろすことが可能になります。

逆に向いている生え癖直しは他のところにも応用が効くので、どこかはねてしまうところは縮毛矯正で直すことができます。

縮毛矯正する際に、薬剤の選定や塗布の仕方がかなりポイントになってくるので、できる人に頼みましょう。

前髪直しのデメリットいついては、根元が生えてきたらまた割れやすくなってしまうってことです。

これをデメリットと捉えるか、どうも思わないかの問題ですが、

カラーをしたら時間が経つと根元が生えてくる状況と一緒なので、根元が生えてきたら根元のリペアをするといいかと思います。

ご参考までに。

前髪の割れで困ったり、髪型で困ったり。くせ毛で困ったり。

そんな方はお気軽にご連絡いただけたらと思います。

ご相談だけでも、お気軽にラインください。
結構いいアドバイスができると思いますよ。

まとめ

もっと気軽にストレートパーマができるように

縮毛矯正をかけなくていい人もいらっしゃいますが、ストレートにした方が楽になりますよって方もたくさんいらっしゃいます。乾燥したりしやすい、湿気や汗でうねる、乾かすと広がってしまう。

アイロンするのが大変。自分でうまくスタイリングできない。

そんな方もお気軽に縮毛矯正をお勧めします。縮毛矯正は髪の毛の中を組み替えて、扱いやすくするものです。真っ直ぐするだけが縮毛矯正ではありません。
まずはお気軽に“縮毛矯正美容師”の関竜哉にご相談ください。

世の中には、髪の毛のくせに悩んでいる方が沢山いらっしゃると思います。

うねったり、はねたり、広がったり、じりじりしたり、どこの美容室でもストレートや、縮毛矯正など名前が違えど沢山のメニューがあります。

そのくせを伸ばす縮毛矯正やストレートはそんなに簡単な技術ではありません。

圧倒的な知識と経験値で培われた指先の感覚、髪の毛のことを本気で考えたからこその情熱。

髪の毛の事はお気軽にご相談くださいませ。



こちらからお友達追加後にラインにご相談くださいませ。相談はいつでも何度でも無料です。悩みや疑問点があれば解消されるまでご利用くださいませ。




場所


〒700-0902 岡山県岡山市北区錦町7−4-1F


ハロウ 美容室


086-231-1486


定休日 月曜日
火曜日〜木曜日10:00〜20:00
金曜日11:00
土曜日10:00〜20:00
日曜日、祝日10:00~19:00
タイトルとURLをコピーしました