くせ毛にはどんなトリートメントがいいか?

「トリートメントはした方がいいですよね?」

そういうことを聞いてらっしゃるお客様がいらっしゃいますよね。

僕は、トリートメントを勧めることはしません。もちろん必要な場合は提案させていただきます。

癖がある方はトリートメントをしたいと言う方が多い気がします。
  • パサつく
  • 広がる
  • まとまらない
  • うねりを抑えたい
  • ダメージしたように思う
そう言う方が多いですが、それらの根本的な原因は癖によるものが多いです。

ダメージでそうなっているならトリートメントを勧めることがありますが、くせ毛が原因の場合はあまりトリートメントをお勧めしません。

それは癖が根本的な要因となっている場合が多いからです。

パサつきを抑えたい

くせ毛の人が艶が出ない原因は、髪の毛が曲がっているので光が乱反射し艶が出ません。

直毛の方はダメージしていない限り、艶が自然と出ます。

それはキューティクルも整っている状態なので艶が出ます。

しかし、くせ毛の人は髪の毛が曲がっていることによってキューティクルがいろんな方向をむいています。

それは、痛んだ状態の髪の毛に近いです。(しかし、ダメージした髪の毛と同じ状態ではありません。)

トリートメントは、髪の毛の中に栄養を与えるものです。

キューティクルが少し整うことはありますが、くせ毛の気になる根本的な解決にはなりません。

広がりやまとまりを抑えたい

くせ毛はまとまりません。

くせ毛を生かしてウェット状態にしたり、スタイリングをして抑えることはできますが、くせ毛はまとまりません。

最初から曲がっている髪の毛がまとまるはずがないのです。その為に縮毛矯正があります。

いくらトリートメントしても形状が変わることはありません。

トリートメントしておさまったと思うのは、しっとりとしてボリュームが減った気がするからです。

それならば、自宅でシャンプーやアウトバストリートメントにこだわった方が問題は解決するでしょう。

痛んだ感じがする

これも上記の理由が当てはまります。

艶というのは光の反射です。

直毛の人は光を正反射しやすいです、しかしくせ毛の人は乱反射します。

艶を出す為にみなさんアイロンをしています。その方がキューティクルが整うからですね。

しかし、熱のダメージはたまっていきます。

毎日アイロンする人は縮毛矯正してしまうのをお勧めしています。

うねりを抑えたい。

縮毛矯正一択です。

上記に色々と書きましたしね。

まとめ

トリートメントは痛んだ髪の毛にはいいですが、くせ毛の人の悩みの根本的な解決にはつながりません。

くせ毛にはトリートメントがさほど効果がありません。

これらを解決してくれるのは縮毛矯正だけです。


くせ毛には種類があり、悩みも原因も違います。

なので、しっかりとあったアプローチが必要ですよ。



髪の毛の悩みやご相談はラインからお気軽にどうぞ。