くせ毛は個性!!そんな方にお勧めな髪型はショートです。

さてさて、縮毛矯正(酸性ストレート)の事をだいぶ書いてきましたが、縮毛矯正も得意ですがくせ毛を活かすのも得意です。


僕はくせ毛の人は縮毛矯正(酸性ストレート)をお勧めする人が多いです。
それは、髪の毛が長くて広がりやすい髪質だったり、髪の毛の長さが広がりやすい髪型の方に提案することが多いです。ただ、縮毛矯正をしないって言う選択もしていきます。

「いつかは縮毛矯正を辞めたい」「癖を活かせるなら活かした髪型にしてみたい」

そんな思いあると思います。


そこで今日のブログは、

「くせ毛さんにお勧めな髪型はショートな理由」を詳しく書いていきたいと思います。
くせ毛さんの多くは「長め重め」の髪型
美容師さんにくせ毛を相談すると

「短くすると癖が出て広がるのであまりお勧めしません」
「あんまり軽くしすぎると逆に広がってしまうのでお勧めしません」

そんなこと言われることが多々あったことでしょう。

そして、「癖が出るなら縮毛矯正しましょう。」ってなりますよね。

髪の毛を重く長くすると、髪の毛の重さで癖の収まりがよくなります。そして広がる髪型や軽くしたい方には、縮毛矯正をすることが多いと思います。

癖が気にならない方もいると思いますし、長い髪型が好きな方もいることでしょう。

しかし、長い髪型が好きでこだわりもある方以外は圧倒的にショートカットがお勧めです。

ショートがお勧めな理由って?

癖毛のお悩みは
  • 髪の毛を短くすると癖で広がってしまう
  • ボリュームが出てハネてしまう
  • まとまりがなくなる
「髪の毛を短くしたら広がってしまいそう」

そうです。広がっていきます。しかし、広がりもデザインポイントの一つです。

しかしボブくらいの長さに切ってしまうと、くせ毛さんは横に広がってしまいやすくなってしますのであまりお勧めしません。(髪質にもよりますのでボブでおさまることもあります。)

長くて重い髪型は縮毛矯正をするか、量をとっていくしかボリュームを抑えれませんが、ショートカットだと長さを切ることによってボリュームをおさえることができます。一概にはショートカットも形は様々です。

扱いやすい長さってどのくらい?

髪質によって様々ですが、くせ毛の人は短ければ短いほど癖を活かしてカットしていけます。

くせ毛の方で長い髪の毛は重くして癖が収まりやすい。
くせ毛の方で短い髪の毛は扱いやすくなる。

そんなイメージをしていくと良いと思いますよ。

髪の毛の動きをコントロールできると癖を活かすことができますよ。

結局中途半端な長さが一番扱いにくいんですよね。そんな方は癖毛を短く切った方がコントロールしやすいかもしれませんよ。

ご参考までに。

ではでは。


ご相談だけでもラインでお伺いしますのでお気軽にどうぞ。

ご予約もラインでお気軽に。