黒染めと深染の違い

前々回から深染と黒染めの違いを書くと言っていて、やっと書きます。

(早よ書けや!!笑)


まず、黒染めは

ブラウンの量が多く、染めると髪の毛の中に残留する量が多くなります。


ブラウンの量が多くなると、色が抜けるスピードが遅いために、色持ちは良いのが特徴です

2トーンくらいで染めると日本人形並の真っ黒になるので好みな人は良いと思います。

デメリットとしては、色が抜けるスピード(元々の明るさや毛髪の質にもよる)が遅いってことで

数ヶ月後にカラーチェンジしたい人には不向きになります。

2ヶ月そこそこでは落ちきらないです。

そして、ブラウンを多く入れているために赤味が残った色ぬけになっていきやすいのが特徴です。



深染とは、ブラウンが一切入っていない状態の色だけを多く入れて染めることです。

例えばアッシュなどグレーで黒っぽく見せる施術が代表的です。

見た目は暗く見えますが、光に当たるとアッシュ感やグレーを感じる事ができますので

光に当たると透明感や軽さが出るのが特徴的です。

そして、色抜けが普段のカラーと変わらないくらいなのでカラーで今後も楽しみたい方にもお勧めです。



現在では、たくさんのカラー材がアップデートされているので、

ヘアカラーで楽しみたい方は美容師さんと相談の上おしゃれを楽しむと良いと思います。


就職や実習など暗くしなくてはならない状況の時に、少し知識があると

今後のヘアカラーも楽しめると思います。


どっちも、使い方といつ使うかによるので、お気軽に美容師さんに相談してみてください。



カラーや髪の毛に関するご相談も受け付けていますので、お気軽にご相談くださいませ。


↓↓↓↓↓↓↓↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です