縮毛矯正というか髪質改善に近い縮毛矯正を目指す。

こんにちは。
岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。

自己紹介はこちら
まとめはこちらから

縮毛矯正のまとめ

まとめ

まとめ3

縮毛矯正と言ってしまえば簡単ですが、
縮毛矯正はただ癖を伸ばすだけではありません。

髪の毛のタンパク質の偏りをなだらかにし、
髪の毛中の水分量を調節しながら髪の毛を真っ直ぐにする。
しかも、柔らかく自然なストレートに。

そんな縮毛矯正をいつも目指しています。

先日、縮毛矯正の持ちはどのくらいですか?

今回はよく持った。
前回は気になるのが早かった。

そんなお声を聞きますが、そりゃ当たり前のことなんです。

季節によって湿度が違う日本で、
雨が大き時期、乾燥してしまう冬。
暑さで汗をかく。

くせ毛って水分を吸って、
乾燥するスピードが髪の毛一本一本違うことで
ねじれやよじれが起きて癖が出て
広がったり、うねったりとしてしまいます。

もうお分かりですよね?

湿気が多いと癖が出やすいですし、
夏場は汗を吸って癖が出やすい、
冬は乾燥していて癖が出にくい。

そうなんです。
時期によって癖の出方は絶対的に違うのです。

なので、先ほど言っていた持ちがいいとか、
今回は早かったなどとなります。

縮毛矯正の持ちは根元の癖が出たら気になりますが、
時期と気になる具合の個人差がありますので、
カラーみたいな持ちというのはあまり当てにならないです。

縮毛矯正は一度かけたところは切るまで真っ直ぐなので、
根元が生えていたら縮毛矯正をかけましょう。

気になる人は三ヶ月周期で
周期が長い人は半年以内に縮毛矯正するのがおすすめです。


お気軽にご相談くださいませ。

m