縮毛矯正してバッサリと外ハネスタイルに

こんにちは。
岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。

本日のお客様のご紹介は
バッサリと切りたいご要望で、癖で広がってしまうので縮毛矯正をかけて
バッサリと外ハネスタイルにしました。
ビフォーと
アフターです。

大きなウェーブの癖があり短く切れなかったそうですが、
短く切ってみたいとのことで、
縮毛矯正を調べてご来店してくださり、バッサリと切りたいってこで切っていきました。


よく見るとわかるんですが、
根元と中間と毛先でウェーブの幅が違います。

くせ毛でロングの方に多いんですが、根元は生え癖もあり浮きがあるウェーブ形成で
中間は重さで癖が伸びていて、毛先はダメージによるよれ、ねじれでちりっとしています。

カラーの履歴があるとのことですが、
髪の毛の状態は


・アルカリによって削られた髪の毛のダメージが毛先にある
・髪の毛を結ぶことによってできる集まり癖
・根元の浮く生え癖

に対してアプローチできるように施術していきます。

毛先はバッサリと切るので
外ハネにするための縮毛矯正と、カットをしていくのが一番いいと判断しました。

癖の状態もわりかししっかりとしていたのですが、
カラーの履歴もあるので、優しく縮毛矯正していきたいと思いました。

薬剤を三種類塗り分けて時間差で時間を置いていきます。

なぜ、塗り分けて施術するのかは、また詳しく書こうと思いますが、
癖には種類があり、その種類にアプローチするための最速が
三種類だったって話です。

くせ毛の種類はこちらから


アプローチの仕方や方法が異なると
髪の毛へのダメージが大きくなってしまい
癖が戻ったり、過度のダメージで硬くなったりしてしまいます。

そこは間違えてはいけないところです。


今回は必要な箇所に薬剤を塗り分けて
ブローアイロンは最低限にし
髪の毛を柔らかく、艶が出るように自然なストレートにしました。

カットも縮毛矯正と外ハネスタイルに合うように
こだわってカットしています。

バッサリと切って雰囲気が変わり
喜んでいただけて良かったです。

念願の外ハネスタイルを楽しんでください。
アイロンを使ってスタイリングしないといけないので
火傷しないように少しずつ練習しましょう。


長い時間ありがとうございました。

また、お気軽にご相談くださいませ。


ご相談やご予約はラインからどうぞ。



m



ブログを見て連絡しまいたと言っていただけるとスムーズにです。

お気軽にご相談くださいませ。