夏と言ったら海。海で髪の毛が痛む理由。

もうすっかり夏ですね。

夏と言ったら海ですね。

しかし、コロナで海にもいけないですね。ですが、海で髪の毛が痛む理由とケアの仕方を書いていきたいと思います。

海で髪の毛がキシキシになりませんか?

海でのダメージの原因は

海水、潮風、紫外線です。

海水はアルカリ性です。

水が大体ph7で中性。ビールが4.5で酸性。パーマ剤が8~9でアルカリ性です。

そして海水はph8くらい。

弱いパーマ液くらいのphとなっています。だからなんだよって話ですね。

しかし、ケアの仕方を覚えとくと良いので、参考にしてみてください。


アルカリは髪の毛のキューティクルを開きます。海に入りっぱなしの状態で一日キューティクルを開きっぱなしの状態は危険です。

しかし、しょうがないのいっぱい遊びましょう。


その後にケアをしていきましょう。

海に行ったら乾かすことができないので、できればオイルをつけましょう。シャンプーができればシャンプーした方が良いです。

帰宅したらシャンプーしてトリートメントして、乾かして寝ましょう。

ダメージが気になれば美容師さんに相談しましょう。

そして、海に行くならカラーは直前にしない方が良いでしょう。色抜けが早くなってしまいますので。


ですが、何も考えずに全力で遊びましょう。

ケアは美容師に任せましょう!!


では!!また。



髪の毛のご相談やご予約はラインからどうぞ