癖を伸ばすのにブローは有効か?

こんにちは。

岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。


あなたはブロー派?
アイロン派?


癖を伸ばすのに
ブラシで伸ばしたり
アイロンで伸ばしたり
していますが、

どっちが痛まないのか?


一概には言えませんが
アイロンで伸ばした方が良い気がします。


それには少し理由もありまして、


温度と髪の毛の状態が関係してきます。


アイロンの温度は130度くらいで癖が伸ばせると思います。
もっと低くても伸ばせる癖もあると思いますが、
大体はこのくらいの温度で伸びると思います。

そして
ドライヤーの温度は大体が90度前後が多いと言われています。

もっと温度が高いドライヤーもあり100度前後になるものもあります。


その温度が髪の毛の状況で変わってくるのが


髪の毛が濡れている時と
乾いている時で
髪の毛のたんぱく変性と言われる
髪の毛が硬くなってしまう
現象が起きてしまう温度が異なる


そこが今回の肝となっていて


髪の毛は濡れていると

60度〜


乾いた髪の毛は

130度〜


ここがボーダーラインとなっていて


濡れている髪の毛は
たんぱく変性がしやすい状態になってしまう


そうすると、
ブローって少し濡れた状態からするので
慣れていない人がブローするのは難しいと思います。
何回も何回もブラシで引っ張りながら熱を当てるのは
あまり良いとは言えないです。


なので、髪の毛をしっかりと乾かし
アイロンで伸ばすのが一番良いのではないでしょうか?


一度見直してみてはいかがでしょうか?


髪の毛のご相談は
いつでもお受けしますので
お気軽にどうぞ。




ご相談や


ご予約は



専用ラインから





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です