濡れているときにテロテロな質感な髪の毛について

こんにちは。

岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。

本日の話は、

ビビリ毛についてです。



濡れているときにテロテロになって

ビヨーンと伸びてしまい、

乾くとガサガサと広がってしまう髪の毛がありますが

それはビビリ毛と言って

髪の毛が多大なるダメージを受けた状態です。

ビビリ毛になると髪の毛は直りません。

髪質改善といったメニューで髪の毛が悪化しているケースを良く聞きます

髪質改善をしていたけど、全然良くならなかったケースや

髪質改善をしているけど、良くなっていない

そんなご相談を良く聞きます。

髪の毛を良くしようとしているメニューなのに

状態が良くならないには何か原因となるものがあるか

原因に対してのアプローチが間違っているか。

髪の毛はダメージしてしまうと直りません。

僕のブログで何度も言っていますが、

ダメージをおった髪の毛は直りません。

ダメージをおってしまった髪の毛を

髪質改善メニューでは直ることはないと思います。

なので、

その髪の毛に対してのアプローチが間違っていると

髪の毛は美しくならないと思います。

癖が強くてまとまらないなら

縮毛矯正がお勧めですし

乾燥が気になるんだったらトリートメントだったり

適材適所が一番いいと思います。


そこは

しっかりと美容師さんと相談して決めましょう。


いつでもご相談くださいませ。