ボブの縮毛矯正は丸く曲げて自然なストレートに

こんにちは。

岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。

本日のお客様のご紹介は
半年ぶりの縮毛矯正で、カラーは3ヶ月前に
そして似合うようなボブにしてくださいとのご相談でした。

癖を見た感じだと、髪質はそこまで硬くなく
カラーのダメージもそこまで気にするほどでは無いです。

ぱやぱやっとした髪の毛が気になるので、その辺の髪の毛と
大きくうねる癖があります。
パサっとした印象と全体的にボリューム感があります。

今回は根元のボリュームを抑えつつ、
毛先は丸みのあるボブを目指していきます。

薬剤の選定とアイロンワークが肝になりますね。

根元はしっかりと柔らかさを出します。
少し弾力を削るイメージで

アイロンの熱は最小限にしテンションもかけない。
毛先にかけて弾力を残しつつ
独自のアイロン技法でカールをつけていきます。
いい感じに丸みがつき
自然な艶が出ました。

髪の毛も柔らかく見えるはずです。
今回は毛先に自然な丸みをつけましたが

履歴によってはつけられない場合もありますが
自然な丸みはボブには必要だと思います。

くせ毛で悩んでボブにできない、ショートにできないって方は
いつでもご相談くださいませ。



m