【岡山 髪質改善 縮毛矯正】失敗でビビリ毛はなおせるのか?

こんにちは。
岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。
自己紹介はこちら
ビビリ毛っていう髪の毛がダメージしすぎてしまうと、チリチリになってしまう髪の毛があります。
髪の毛が悲鳴を上げすぎて、声がカラカラになっている状態です。

基本的にはビビリ毛にならないように施術しなくてはいけませんが、なってしまったら切るしかありません。
しかし、髪の毛の長さを切らなくてはならないので、長さを切りたい方は嫌かもしれませんね。

今回のお客様は、毛先がダメージしすぎてビビリ毛になっている箇所がちらほらありました。
根元の癖は細かく癖が出て髪の毛を広げています。

髪の毛の履歴は4ヶ月前に縮毛矯正をしているのと、ヘアカラーをされた時に毛先にハイライトが入っている状態です。
このブリーチと縮毛矯正は相性が悪く、最悪の場合がビビリ毛になるか、切れてしまうと言った現象が起きてしまいます。

切れてしまった髪の毛はバラバラになってしまいますので、艶感が出にくくなってしまいます。
その悪循環がループすると髪の毛は自然と切れていってしまいますし、光が乱反射することによりパサついて見えてしまいます。

髪の毛を綺麗にするにはダメージをためない縮毛矯正をしていくことも肝心ですが、ブリーチを控えたりと、綺麗を優先する選択をしていくことが大切です。

本当は切って整えていきたのですが、伸ばしているのでカットは整えるのみで、今回は根元の縮毛矯正をしっかりと伸ばして自然にしていき、毛先はトリートメントで質感調整をしていくことにしました。
サッと乾かしてこんな感じです。

だいぶ柔らかく、そして自然なストレートになったんではないでしょうか。

根元の縮毛矯正を優しく柔らかくしていきつつ、長さはキープして徐々に毛先を切っていきましょうと相談しました。
全部綺麗に生え変わらせるには時間がかかりますが、1番の近道はこれです。

綺麗に近道はないですとキッパリ。笑

気長にいきましょう。


髪の毛は痛んでしまうとなおりません。
それを肝に銘じて選択していかないと毛先がどんどんとなくなっていきます。

根元の癖はそんなに難しくありません。
しかし、一度間違った施術をしてしまうと取り返すのに時間がかかりますし、コストも時間もかかってしまいます。

要はしっかりと髪質や癖を把握し適切な薬剤の選定、放置の時間、ブローアイロンのアプローチ、熱全てのバランスが縮毛矯正には必要になってきます。

痛んでしまったら戻らないですが、今よりもよくしたいと思いの方や
ダメージに悩んでいる方はご相談くださいませ。

一緒に綺麗にしていきましょう。

m