【梅雨対策】間違った梅雨対策は

こんにちは。

岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。


まだまだ梅雨の時期じゃないですが、間違った梅雨対策をしないように、

僕なりのくせ毛の方がやってしまった、間違った梅雨対策を考えました。

  • ストレートパーマをかける
  • ショートにバッサリと切る
  • 前髪を作る

ストレートパーマをかける

基本的にはストレートパーマはパーマを落としたり

癖を緩和したりとしますが、持ちが1~2ヶ月と持ちが短く

梅雨の時期となるともっと持ちが悪くなると思います。

くせ毛をストレートにするなら縮毛矯正をした方が対策になります。


ショートにバッサリと切る

前髪を作る

この二つは理由が同じです。

お勧めできない理由は、

くせ毛は重みがなくなるとより強く癖が出てしまうからです。


髪の毛の長さの重みによって癖が落ち着いたり、

癖の度合いによってある程度の髪の毛の長さを維持していると

ストレートヘアが維持できたりと

髪の毛の長さで抑えれた癖が、

ショートヘアだと元々の癖が出て

広がってしまったりとしてしまうかもしれません。

ずっとロングヘアだった人が切った後に癖が出た!!

みたいなことがあり、

ご自身の癖に気づいていないパターンもあります。


スタイルチェンジには大賛成ですが、梅雨の時期を避けたり

くせ毛広がりそうな時期にイメチェンする場合は

美容師さんに前もって相談し、

切ってもらうことをお勧めします。


しかし、イメチェンって急にしたくなりますよね?

その場合も美容師さんに相談したら

解決するかもしれないので

気軽に相談しましょう。


僕も、いつでもご相談に乗りますのでお気軽にご連絡してくださいませ。