縮毛矯正の失敗例とは

縮毛矯正でシャキッとしてしまいました。

失敗した髪の毛がなる状況は

・アルカリ剤、還元剤の繰り返しによる髪の毛のチリチリ

・放置時間が長くなってのチリチリ

・アイロン操作や自宅でのアイロン焼け

・カラーもしていてのタンパク質の硬化

などなど、人によって原因は違ってきます。

こう言ったビビリな髪の毛は治りません。誤魔化すしかないのです。

なので、一番の解決策は切る。これにつきます

しかし、こうならないためにも髪の毛によったアプローチが縮毛矯正には必要になってくるので、

しっかりと美容師さんと相談して行いましょう。


髪の毛は一度ダメージしたら戻りませんから。


髪の毛でお困りの方やご相談もお気軽にラインからどうぞ。