【岡山 髪質改善 縮毛矯正】ロングのリタッチの実例

こんにちは。
岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。
自己紹介はこちらから。

縮毛矯正のこだわり

【くせ毛で悩んでいる全ての方へ】毎朝何十分もヘアアイロンをするのをやめませんか?
僕のこだわりの縮毛矯正は朝起きたままの状態で出かけられます。適切な方法で施術すれば、髪の毛は柔らかくなり、乾かした状態でも自然なまとまりです。雨の日でも結ばなくてもいいので、湿気で広がるストレスから解放されます。
「硬くなる」・「シュッと真っ直ぐになる」そんな縮毛矯正のイメージを変える技術をご提案します
縮毛矯正のイメージは悪いイメージが多いですが、硬い・真っ直ぐになりすぎると言った要素を失くし、髪の毛がしなやかに丸いままに縮毛矯正ができます。まるで髪質が変わったかなような自然なストレートです。ストレートパーマも縮毛矯正もやっている事はほぼほぼ変わりません。アイロンを使うか使わないかです。僕はアイロンの有無は技術の選択の一つにしか思いません。お客様の髪と理想とするデザインに必要か必要でないかです。

理想のロングヘアになるために縮毛矯正して柔らかく

約半年以上のリタッチになります。
結構細かい癖が出ているのと根元の生え癖が気になります。

スーパーロングまで綺麗に伸ばしたいって言うことなので、しっかりと綺麗に伸ばしていこうと思います。
スーパーロングまで伸ばすってことなので、ダメージも極力抑えていきたいのと前回の縮毛矯正との境目をしっかりと自然に繋げることをしていこうと思います。
履歴は、縮毛矯正が約半年以上で、カラーの履歴はなし
毎朝少しアイロンを通す感じ
髪の毛は細め。癖で多く見えるけど、量感は重くない。
生え癖が気になるけど縮毛矯正したら大丈夫なレベル。

気になるところは、所々にねじれが混ざっている髪の毛がある事。

繊細にいきたいので薬剤はできるだけ優しいやつを。
中間の境目は時間差で。
ブローアイロンは熱を伝える感じで縮毛矯正していきましょう。
いかがでしょうか。いい感じにつながり、自然なストレートになりました。
なんと言っても柔らかいのが特徴です。

今回のお客様は、色んな種類の癖が多々混じりあっていて、毛先はそれなりのダメージがありました。

部分部分の履歴や、やりたいデザインに合わせて、お薬を決めたり工程を組み立てました。
今回のお客様は2種類の塗り分け
アイロンのテクニックも部分部分で違う技術を使い、今までの経験と勘と、知識の中から最適な組み合わせで施術させていただきます。
一人として同じことをする人はいません。
同じ方でも毎回違うことをしていきます。

そうやって毎回熱い気持ちを持って施術させていただいております。

縮毛矯正って難しいよね

一般的にみなさんが思っている
「ストレートパーマとか縮毛矯正」と、
 
僕がいつも言ってる、施術してる、
「ストレートパーマとか縮毛矯正」は、
 
 
工程は同じかもしれませんが、やってることの意味と目的が違います。

一般的な「縮毛矯正」のイメージは
・癖を伸ばす
・まっすぐにする
・ボリュームがなくなる
・シャキンとなる
・硬くなる
・ダメージする
 
縮毛矯正は大体がそんなイメージだと思います。
 
 
対して、僕の「縮毛矯正」のイメージというより目的は
・髪質を変える。

それって髪質改善?
って思うかもしれませんが

縮毛矯正の一般的なイメージの癖を伸ばす、まっすぐにする。
それは、美容師側も思っています。
ストレートパーマと縮毛矯正は髪の毛をまっすぐにするものだと。

しかし僕は、みんながみんな縮毛矯正をすればいいとは思ってもいませんし、
ただ、縮毛矯正をしているわけではありません。

お客様の悩みを聞き、髪の毛を診断し、髪の毛を扱います。

例えば、
 
・「癖で広がってまとまらない」って方に対して、
 
「じゃあまっすぐに伸ばしましょう」ではなく
「扱いやすい、まとまりやすい髪質に変えましょう」
と判断し

・「髪が太くて硬くて多くまとまらない。膨らんで頭のボリュームが出てしまう。」 そんな方には、
 
「じゃあボリューム落としましょう」 ではなくて、
「柔らかい髪質に変え、髪の毛のボリュームをコントロールしましょう」と判断し
ご提案させていただきます。

あくまで一つの例ですが、他にも色々あります。
 
やってることは全て同じのように見えますが、目的が違うので
仕上がりは全然変わってきます。
 
 
癖を伸ばすだけなら、強い薬つけて高温でアイロンかけとけば、誰でも伸ばせます。
それもめちゃくちゃ簡単に、スピーディーに。

でもそれじゃ意味がないんです。

縮毛矯正もデザインの一つなんです。

カットしてカラーする。
カットしてパーマをする。

そんな感覚で縮毛矯正をして欲しいですし、
もっとデザインを楽しんで欲しいものです。

そして大事なのはホームケア

髪の毛を綺麗にするにあたって、一番大事なのはホームケアです。
ホームケアを疎かにすると、髪の毛は綺麗になりません。

せっかく縮毛矯正でダメージも少なく施術でき、癖でまとまりが悪かった髪の毛も
ノンストレスな柔らかい質感の自然なストレートを手に入れたとしても、

そこからのケアは物凄く大事になってきます。

一度傷んだ髪は、根本的には元には戻りません。

トリートメントなどの施術で、
一時的にダメージを感じさせないぐらいにすることはできます。

ただそれをいいことに、
3、4ヶ月に1回の美容室で、「毛先が痛んできてまとまりが悪くなってきた」
ってことが多々あるんではないでしょうか。

それでは、こちらとしてもその場しのぎの施術しかできません。
トリートメントはガードの役割をしますが、
「今この瞬間」は綺麗になったとしても、家で何もしないとなるとそりゃバサバサのボサボサになります。
毛先なんかはまとまりが悪くなる一方です。
 
綺麗な状態は、美容師だけでつくるものではありません。
お客様と美容師と二人で作っていくものです。

だから、何よりもホームケアが大事なんです。
3ヶ月に一回(90日に一回)美容室でスペシャルなケアをしたとしても、
残りの89日何もしないでただ過ごしていただけでは、髪の毛が綺麗な状態を保てるはずがないのです。

美容室のどんなハイスペックな高級なトリートメントを使っても
毎日のシャンプーやトリートメント、アウトバストリートメント、スタイリング剤、ドライヤー、アイロン
そのほうがよっぽど大切で重要になってきます。

綺麗な髪の毛でいるにはホームケアも欠かせませんよ。
 
なので、まずはお気軽に“縮毛矯正美容師”の関竜哉にご相談ください。

世の中には、髪の毛のくせに悩んでいる方が沢山いらっしゃると思います。うねったり、はねたり、広がったり、じりじりしたり、どこの美容室でもストレートや、縮毛矯正など名前が違えど沢山のメニューがあります。そのくせを伸ばす縮毛矯正やストレートはそんなに簡単な技術ではありません。圧倒的な知識と経験値で培われた指先の感覚、髪の毛のことを本気で考えたからこその情熱。髪の毛の事お気軽にご相談くださいませ。
こちらからお友達追加後にラインにご相談くださいませ。相談はいつでも何度でも無料です。悩みや疑問点があれば解消されるまでご利用くださいませ。




〒700-0902 岡山県岡山市北区錦町7−4-1F


ハロウ 美容室


086-231-1486


定休日 月曜日
火曜日〜木曜日10:00〜20:00
金曜日11:00
土曜日10:00〜20:00
日曜日、祝日10:00~19:00