【岡山 髪質改善 縮毛矯正】で丸みのあるショートヘアに

こんにちは。
岡山のくせ毛、縮毛矯正、酸性ストレート特化美容師の関竜哉です。
自己紹介はこちら
最近、簡単に書いていたブログをブラッシュアップさせる為に
悩んでいる方に少しでもわかりやすく届ける為に、美容師さんが使う専門的な用語を
できるだけ使わずにわかりやすく説明するようにしています。

それでも専門用語を使う場合はしっかりと解説ができるようにブログを書いております。

その為に少しばかり長いブログとなってしまいますが、これは僕の情熱と捉えて下さい。笑

くせ毛さんはショートカットにできない??

よく言われるんですが、くせ毛ってショートカットにできませんよね?
そう言うふうに思い込んでいるお客様が多いです。

ショートカットに切りたいって美容師さんにお願いしたら、

「くせ毛で広がってしまい、スタイリングが難しくなるのでやめたほうがいいと思います。」

「くせ毛の方は長さを残して、重めの方が癖が落ち着きやすいです。」

そんなことを、美容師さんに言われたことのある方がいらっしゃると思います。
それで、ショートカットを諦める方も多いのではないでしょうか?

確かに、
くせ毛さんがショートカットにすると髪の毛が広がり、頭が大きくなってしまう可能性があると思います。
しかし、それは癖の形状に対して広がるところで切るとそうなりやすいので、そうならないように切っていくことが大切になってきます。

癖の形状にもよりますが、ボブよりも短くきらないといけなかったり、もっとショートカットにしなくてはいけなかったりと癖によって考えなくてはならないことがたくさんあります。

癖によって膨らむところは出てくると思いますが、その膨らむところをデザインにもできますし、膨らんでしまったらアイロンや縮毛矯正で自然に馴染ませることもできます。

むしろ、ショートカットにしたいけど、、、

って

お客様が悩んでいて、
ショートカットにしたいってことは、ある程度のスタイリングの時間がかかることは承知なのではないでしょうか?

じゃないとショートカットにしたいって相談しないですよね?

スタイリング含めて美容師さんに教えてもらいたいと思うはずです。

くせ毛さんはショートカットがおすすめです。

本当に大丈夫なの?

って思いますよね?

癖で広がらないかな?

変なところでハネないかな?

心配になってしまいますよね?

くせ毛さんは短く切ったら広がります。やはり癖で浮きができますからね。
しかし、その広がりがいいんです。

くせ毛さんの悩みって
  • ボリュームが出る
  • はねる
  • 毎日違うコンディション
  • 乾燥して見える
などなど、あげたらきりがないくらい出てきそうですが、
このボリュームが出るってことはショートヘアにする上でかなりのメリットになります。

ぺしゃんこになってボリュームが出ないほうがやりずらさを感じてしまうはずです。

長い髪型の方は、ボリュームを抑える為には縮毛矯正をかけるか、量を減らしていくしかありません。
しかし、ショートカットなら、ボリュームの量はもちろん長さで切ることで軽くなります。
ショートヘアと言ってもデザインは様々です。

癖の形状によって向き不向きなデザインがあります。

癖で広がりやすい髪質の方はボブのような、段差のない横に広がりやすい髪型はあまり向いていませんが

(くせの状態や髪質によりますが、、、、)

くせ毛の方は髪質や癖の形状にもよりますが、短いほうが扱いやすいと思います。
短いと癖の動きを生かせる方法が多々あります。

スタイリング剤やスタイリング方法で質感も変えていけます。

ショートヘアは癖があったほうが馴染みやすいんです。

癖は長さや重さがあると落ち着きます。

それは一つの手段であって全てが正解ではありません。

ショートヘアにして短くなると癖がコントロールしやすくなります。
癖が落ち着くイメージではなく、癖をコントロールする感覚です。

重く、長く収める発想ではなく、動く方向をコントロールする感じ。

長い髪の毛より、短い髪の毛の方がコントロールしやすいんです。

くせ毛さんをバッサリとショートカットに

本日のお客様はバッサリと切っていきたい!!

ですが、癖も気になるのでショートカットにできるか不安とのご相談。
髪質は硬くもなく、柔らかくもなくですが、全体的に乾燥しがちな髪質です。
大きなうねりがあり、頭を大きく見せてしまう癖が印象的です。

バッサリ切りたいって言うのをお聞きし、どこまで切るか、日々のスタイリングはどのような感じなのか、
現在使用しているスタイリング剤の有無と種類など、色々とカウンセリングしスタイルを決めていきます。

今回は癖の気になるところを縮毛矯正していき、カットもバッサリいくことにしました。
丸みのあるショートヘアに大変身です。

襟足とその上からの髪の毛(耳下の周辺)はご自身の癖でスタイルを作り、
その上からは縮毛矯正を丸く曲げながら癖を伸ばしていきました。

「曲げると言っても、さっきは髪の毛は曲がらないって書いていたじゃん。」

って思いますよね?

僕のオリジナルな縮毛矯正はボブやショートヘアは曲げて施術します。
そのほうが、ご自身でスタイリングするときに楽なので、お勧めしております。

しかしながら、元々他店で縮毛矯正されている髪の毛に対しては、
髪の毛が曲がらない状態になっていることがほとんどなので
元々縮毛矯正されていない髪の毛か、
僕が施術している縮毛矯正の髪の毛のみに施術できます。

髪質自体は乾燥して少し硬さもありましたが、
しっかりと丸みのある柔らかいストレートヘアになりました。

柔らかさを出すには薬剤のパワーコントロールが必須になるので、経験値が必要になってきます。
たくさんのお客様を施術してきたからできる薬剤選定を僕はしています。

薬剤、ブロー、アイロン、熱、

髪の毛に最適なバランスをとるように心がけています。

そうすると、
こうやって毛先を丸めることができ、
今まで悩んでいた、くせ毛で広がってしまうことがなくなり
ショートヘアを楽しむことができると思います。

くせ毛でショートカットにできるか不安な方や
ショートカットにしたい方や
自分の髪質を柔らかく変えたい。
朝のドライヤーの時間を減らしたい。

そんな方はお気軽にご相談ください。

一緒にお悩みを解消しましょう。


お気軽にラインへご連絡くださいませ。


m